BLOG

ブログ

インビザラインファースト用カウンセリングスライドの公開~問診とチェックリスト~

2024年2月13日
インビザラインファースト用カウンセリングスライドの公開~問診とチェックリスト~アイキャッチ画像

インビザラインファースト用カウンセリングスライドの公開~問診とチェックリスト~

 

今回はインビザラインファーストの集客の為に使用するカウンセリングスライドについて説明いたします。

WEB集客がうまくいき矯正相談を獲得できても、カウンセリングが上手でなく契約ができない院長先生がいらっしゃいます。

共通するのは①我流②ほぼ口頭での説明に終始しがちということです。

他人になったつもりでこの様子を見てみれば「なんてひとりよがりな・・・」と思われると思います。

しかし、自分を客観視して改善をすることは簡単ではありません。

そのため、あくまで「患者目線」に立ったコミュニケーション手段としての資料を、現役のインビザライン担当歯科衛生士監修のもとに作成いたしました。

目次は以下のようになっています。

小児矯正カウンセリングシートの目次

医院によって内容は変わる部分あるかと思いますし加筆修正いただいて構いませんが、項目と流れはこのままの方が良いかと思います。

まずは「問診と現状チェック」を行うことが重要です。

小児矯正カウンセリング現状チェックシート

ポイントは①問診をしながら行うこと②「保護者(特にお母さん)」に伝わりやすい言葉で表現していることです。

他院のチェックリスト

例えばこちらのようなチェックリストの場合、普通のお母さんは一人で判断することはできません。

お母さんの知識や問題意識を深く理解するためにも、このスライドを使いながらじっくりとお話を聞くことに専念しましょう。

話す割合は「2:8=保護者(お母さん) :歯科医師or歯科衛生士」が良いかと思います。

ご存知の通りカウンセリングの目的は、契約の獲得ではなく患者様の課題を正確に把握しできる限り最適な解決策を提案する事です。

その導入部としての「問診と現状把握」が間違えば、解決策を間違える可能性が非常に大きくなります。

まさしく「最初が肝心」という意識で取り組んでいただきたいと思います。

月別アーカイブ


  • 2024年6月 (1)
  • 2024年5月 (1)
  • 2024年4月 (4)
  • 2024年2月 (3)
  • 2024年1月 (4)
  • 2023年12月 (5)
  • 2023年11月 (2)
  • 上部へスクロール